「ちゃぱつでも

2004-08号

Column

ひょっとして講師より、生徒より誰よりも大人になりきれていないのは
この私かもしれない・・・。といつも思っているのですが、
そんなこととは裏腹に、黒い色になるのを忘れて、無着色のまま
頭皮から世にでる不届き者が、気苦労の量と共に増えてきました。

長く待つというのが嫌いな、この私が、今年に入ってカットと同時に
カラーに挑戦するようになりました、もともと地毛が茶色なのと、大阪人的なんとか
根性で、どうせなら少し明るくしてみよかと、いうシンプルな理由からですが
髪が伸びると明るいのが目立つなんてことを知らずに、調子にのって、もう少し明るくと
段階をあげたものですから、すぐに生徒にばれ、やれ「やんきー」だの「不良」だの
あたたかい言葉をいただいております。

「外見だけで人をきめてはいけない」、
「外見からの印象はとても大切」
どちらも事実で、難しいのはそのバランス。そういう意味でいろんな思いを持って
言葉をかけてくれたので、そういうことを生徒が考えるきっかけになったらいいなと思って
います。

NHKのトップランナーという番組に出演していた、俳優の竹中直人さんが、熱心に
質問を投げかける大学生の姿をみて、「今時の若い人って、(カッコや風貌で)恐い人
ばっかりと思っていたので、ホッとしました」というふうに話されていたのがとても印象に
残っています。

そんな中、FMラジオから、ラブソングの合間にインパクトのある曲が流れてきました
前へ向かう意思をたたえる歌詞でとても力強い歌です。
気になって調べると、それこそ風貌は、今の時代真っ只中という感じです。
大人はよく「今時の・・・」という表現でわからない、自分が消化できないものを
くくってしまうことが多いですが、まさしく今時のやつが今時のかっこで、ちゃんと
こんなことを、伝えようとしている。森山直太郎さんや平井堅さんのようなスタイルとは
違うアンバランスさの中で戦っている、そんなやつらがちゃんといてるんやということが
わかって、とてもうれしく感じました。「なかなかやるなぁ、こいつらっ」て感じですか。

塾生たちも、いろんなタイプがいてくれていい、他人のスタイルやスタンスに干渉せず、
自分のスタイルで、世の中に対して向き合って、怒っててほしい
(君らが怒ってなあかん、おかしなこといっぱいあるからね、世の中には)
そんなふうに思っています。

ボボタウというグループの裸~nude~という曲ですが
何かで耳にすることがあれば是非聞いてみてください。


塾長 出雲 勝一

ページトップへ

次のページ→ プレス-0406LinkIcon