「大輔からの電話」

2004-10号

Column

10月の初旬のことです、塾で学習状況を整理している時に、
携帯に着信が・・・。

画面を見ると「通知不可能」こりゃまたうちの家からかなと
(よく考えるとそれなら、非通知設定で出るはずでした)
かなり、無愛想に「はい、はい」と電話口に出ると、低い声で「大輔です」
はあ?誰やこいつ・・。わけわからず2秒。
もしやして、フランス行ってる大輔かぁ?声が裏返る。

「フランスから電話してんのか、お前。」びっくりするがな。

この大輔君、私が塾を始めて間もない時期に来てくれた生徒で、ただいま
フランスへ一流のパテシィエ(って言うんですよね、お菓子職人)目指して留学中。
すごいなあ。

でもね、当時は居眠り上手の生徒でね、末正や窪田、斉藤といった講師が
本当にどうして起きてもらおうかと悩んでいたものです、しかもうちの教室では
ここ数年、入試に落ちた生徒、おかげさまでいないんですが。
なんと、第1志望の公立がアウト、本当にショックでした。

結果第2志望の私立へ行ったのですが、それが彼にはよかったのでしょうね。
その後、特進へ編入し、夏休み中も毎日のように授業に通っていました。
大学を目指すのかと思いきや、その多忙な中、バイトしていた阿倍野の喫茶店で
彼の目指す方向が決まったのかな、辻調理師学校の製菓へ入学。
試作のシュークリームや和菓子を塾へ持ってきてくれたこともありました。

どちらかというと、人なつっこい笑顔の持ち主で、フワ―ッとした印象の大輔が
こんなに変わるなんて、ほんとうれしいびっくりですね。

今も教室でこっくりしそうな生徒がいますが、今現在の様子の細かなことに
あまり、とらわれず、可能性を信じて向き合うことが大切だと、あらためて
感じるうれしい電話でした。

(でも、早く切ったけど、なんぼかかったんやろ、わざわざありがとうな)

塾長 出雲 勝一

ページトップへ

次のページ→ プレス-0409LinkIcon