「otona おとな 大人」

2005-04号

Column

いつのまにか、「おとな」と呼ばれるようになってしまいました
確か、ずっと小学生や中学生とかであったはずなのに、いつのまにか
「おとな」とかよばれるようになってしまいました。

子供たちはどうも勘違いしているようです、
そう、私たちも勘違いしていたように。

おとなはすべてわかっているはず。
おとなは間違いは犯さない。
おとなやからなんとかしてくれるやろう。
おとなやから・・・。

けれど彼らは気づいていません、
私たちがおとなという生き物のことを。
otonaという呼ばれ方をすることが初めてであることを。

おっかなびっくりで、毎日を生きていることも
子供たちのまえで、一生懸命強がって、がんばっていることも

「あんたらが、中学生、高校生初めてであるように
僕らも初めてやねんで、
おとなとよばれることも、おとうさんおかあさんとよばれることも。」

はじめてのなかで、とまどったり、信じたり
たたかったり、がんばったり、さぼったり
おこったり、かなしんだり、よろこんだり

きっと、変わらない、いっしょやね。

同じやねんで、少し先に生まれて生きているだけ。
少しだけ多くの経験をしてきただけ
少しだけ多くの人と接しただけ。

あんたらの喜びや苦しみ悩みとなーんも
かわれへん。

まあ、お互いがんばって人間続けよか。


塾長 出雲 勝一

ページトップへ

次のページ→ プレス-0410LinkIcon