「土曜の気分」

2005-05号

Column

先日の新聞で学校の週休2日制へ移行して土曜日がお休みになったことに
対する評価を問う記事が掲載されていました。
公立の週5日制が定着したせいで、塾の生徒たちも
土曜日に授業に来るのを嫌がるケースが以前より増えてきました。
おまけに、塾でも土曜日休みのところがあるとのこと・・・。
まあ、たしかにみんなが日曜日的な感覚になれば、嫌がるのも無理
からぬこと、仕方がないことなのかもしれません。

ただ、塾の時間割うんぬんよりも私は土曜日がとても好きな曜日でした
平日でもなく、完全なお休みでもなく、しかもお休みの前日ということで
少し気持ちがゆっくりできる日でもありましたし、
いたって粗食でしたが、土曜日学校が終わってきて着替えもそこそこに
普段見慣れないテレビを見ながら、食べるお昼ご飯はとてもなつかしい
記憶です。

半ドン(これも、もう使いませんよねえ)という中途半端さが
オンの平日とオフの休日との間でとてもよかったと思うのは
私だけでしょうか?

ゆとりのの時間の創設などということでしたが、どんどん日本的な
いい意味での曖昧さが消えてゆくようで寂しい限りです。

また、私立の学校と歩調があわない改革で授業時間の量の差が
PRの材料になったりするようではいかがなものかと思います。

ペースが定着した子供たちにとっては、「休みは休み」大きな問題では
ないのかもしれません、

けれど私のような日曜日すらオフの可能性が少ない人間にとって
2日間の子供達の時間の流れ方がかえって心配ですし、
単なるノスタルジーと言われるかもしれませんが
土曜日の学校授業が復活してくれるといいなと思っています。


塾長 出雲 勝一

ページトップへ

次のページ→ プレス-0504LinkIcon