「できること

2006-06号

Column

「がんばれ!」 「しっかり!」 よく使う言葉ですね。
前へ向く 気持ちを応援しようと思わず口をつく言葉。

誰しも犯す間違いのようで私も何度かその勘違いで
人の気持ちを傷つけてしまったことがありますが
どうも、人間は自分ができることは(できることくらいは)
謙遜も含めてですが、できてあたりまえだろうと
決めてかかるところがあるようです。

「できることは人によって違うから」くしくも昨日 設計の仕事のパートナー
から入ったメールには そんなひと言が書かれていました。

なぜ こんなことができない?
そんなことぐらいできて あたりまえやろ!

思わず声を荒げていませんか?

血のつながった親子であれ 兄弟であれ
本当にパーソナリティには差があるもの、気をつけたいものですね。

それと反対のパターンもありますね
反面教師ではないですが、自分ができなかったこと、苦い体験の押し付け
これも・・・。

自分には できないけれど(できなかったけど) あなたは がんばらなあかんやろ!

私の知人でまさか 子供には言ってないとは思いますが
私立へ通わせる学費 進学塾の月謝などをさして
「なんぼの金 かかってると思う・・・」とぼやくこと
だから がんばってもらわないと という理屈のようです

うーん 何か違うような気が・・・。
抑圧されたところからは 何も生まれない 
私はそう思っています。

塾長 出雲 勝一

ページトップへ

次のページ→ プレス-0605LinkIcon