「小論文

2007-02号

Column

いよいよ入試真っ盛り いつもお伝えしていますが、塾にとっての
大晦日らお正月といいう感じ、ラストスパートの時期になりました。

暦の関係で 例年より1日早い2月9日に私立入試があり、18日に高専入試
23日に公立前期が終わり 残すは前期の発表が3月2日
公立後期の入試が16日 発表が23日こんな予定です。

今年も うれしい春告げ便りが届くように、私も講師もフルパワーですが

土曜日の新聞に早速前期入試の問題が掲載されていました
講師と後期入試の生徒達の分をコピーしながらふと目に止まったのが
総合学科の生徒達に与えられた小論文の課題です。

・指示された題で、あなたの考えを600字程度で書きなさい。
 次のA~Eの5題のうちから1題を選択する

A さらに伸ばしたいじぶんらしさ。

B 人とのかかわりにおいてわたしが大切にしたいこと

C よりよい社会を築くために私ができること

D 自分の経験や、身近な人たちのようすから学んだことをもとに
  「働くことの大切さ」という題で、あなたの考えを書きなさい

E 地域の人々とのふれあいや交流についての体験をもとに「地域社会との
  かかわり」という題で、あなたの考えを書きなさい。

というものです。どうですか?とても深いテーマですよね、大人の我々でも
入試や面接用にお行儀よくまとめるのでなければ、
・・・。絶句して筆がとまりそうです。

この大切なことが、どうしたら子供だけでなく 大人もちゃんと
共有できるんやろ、それが今の世の中の問題ですよね。

子供達に普段5科目9科目とカテゴリーを分け ここ一番で人として何を大切にせなあかんのか
問い詰めるのはちょいと反則でないかえ?などとシニカルに見てしまいますが
でも、ほんの少しでも、そういうことを思いながら前進しよなと思う人が
ひとりでも増えれば…。



塾長 出雲 勝一

ページトップへ

次のページ→ プレス-0701LinkIcon