「幸せと感じる生き方?」

2008-03号

Column

1. 私はこうして夢を叶えた!(体験談)
   ☆~自分にとって幸せと感じる生き方~☆

谷町のギャラリーenkulさんから メルマガ原稿の依頼がありました。
enkulさんの縁の輪にいらっしゃる たくさんの方々がそれぞれの 
「自分にとって幸せと感じる生き方」を原稿にされています。

さて 私にそのバトンがやってきたわけですが
はて あらためて考えるとむずかしいですね。
建築の設計 学習塾の塾長 2足のわらじを履き この春から 
恩師のお誘いで大学の学生さんに講義するチャンスもいただきました。
確か小学生の時に 将来なりたいもの 
先生 本屋さん カーレーサー などと書いた記憶がありますから
最近 家族の反対を押し切って オープンカー乗りになって
本屋さん以外は実現していると言えるのかな(笑)。

夢をかなえる方法? うーん。
私のように、ギャンブラーのわけあり家庭で育った「じゃりんこチエ」タイプの人間は
「こうでなきゃ」とか「こうならないと」という 発想より
「こうでなければいい」と小さな幸せを 何気ない日々の生活の中から見つける
才能が人一倍 発達してしまいます。

「自然の流れに 逆らわないこと」 これが一番かなと思っています

そして それにほーんの少し 自分の意思を込めること、
伝える努力を続けること。
それを いつも肝に銘じています。

そうして 私を呼んでくれたり 私の仕事に お金を払っていただいたり
その繰り返しが たまたま 建築設計や学習塾という 
カテゴリーの中に居させてくれているだけ。
こうでなければ 夢破れたりという感覚はありません。

どうも世の中ではひとつの夢が見つけられることができて
それを苦労の末 実現した人を美化しちゃいますよね
普通の中で戦う人も素敵だと思います。
どんな ジャンルでも 自分らしく居れるよう
明日も「意思を持って 自然の流れに逆らわぬよう」
道は自然とできるもの。
凡人ですから すぐに逆らってジタバタしてしまう自分への
戒めも含めて そう言い聞かせています。

塾長 出雲 勝一

ページトップへ

次のページ→ プレス-0706LinkIcon