「12年目に思う

2010-02号

Column

世間では2010年のスタートのお正月期間が終わりましたが暮れ正月と毎年 忙しさが加速・・・
私にとってはようやくこの成人の日を絡めた連休がお正月のようなもの

ここ数年は 昔のようになんとか暮れぎりぎりに年賀状を出すゆとりもなく
元旦あたりから 私のええかげんさにダメだしをせず
送っていただいた年賀状を見ながら ホーとかへぇーとか
感心しながら年始の挨拶をこれまた1週間くらいかかりながら投函するという年始が恒例
そんな ええかげん塾長のところにもうれしい便りが届きます

今年で12年目になるうちの教室
その初期を支えた講師から 遠く離れた嫁ぎ先静岡でまた個別指導の講師を
はじめたとのコメント
そして確か去年の年賀状にも書いてあった言葉が今年も・・・
「私の原点は小若江教室です」という一言
スタートしたてで生徒も少なく 遠い自宅からわずかな授業時間のために
駆けつけてくれた彼女の嬉しいコメント

そして 私の設計のオフィス近くに嫁いだ講師からも
HP 見ましたや事務所発見しましたよの報

そうこうしてると社会人の卒業生からこの不景気に転職決まったぞえらいやろ メシおごれメールが・・・。
「いや初月給でおごるのはさちこおまえやろ!」と突っ込み返信

さらに みたことののないアドレスの正体不明メールが・・・
私のこと覚えてる?→あたりまえや
相談ある・・・→金と恋愛以外ならOK!
そんなんちゃうわ もっぺん勉強したいねん。
普通なら4年生大学を卒業時期の彼女 もう母になっていてかわいい子供の将来のため
資格取得を目指し 塾へ来て中学生や高校生に混じってもう一度 学校入る勉強したいとのこと
そうなんやぁ☆
母になったというのに当時と変わらぬ風貌になつかしさやら一生懸命さたくましさを
感じさせる7年ぶりのなんだかうれしい再会です。

昨年は去年の卒業生が自分のバイト代でテスト勉強しにきたり
音信不通だった卒業生が就職や大学合格の知らせに来てくれたり
嬉しい再会が去年から続きます
学校の先生方には申し訳ないですがこんなふうに
無学年で対応できたり 卒業生と同じ立ち位置で接することができる
塾というカテゴリーの仕事しててよかったなと思う12年目のスタートです。

さあ 負けへんように今年1年私もがんばろかぁ!

塾長 出雲 勝一

ページトップへ

次のページ→ プレス-0909LinkIcon