「本との接点

1999-06

Column

「うちの子供は、本を読むのが嫌いで…」、「マンガはよく読むけれど、活字の本は
なかなか読まない」などという声を、当塾の父兄の方からも、耳にする機会が多くあ
ります。そのことに対して、ビデオやゲームの家庭内での普及などとの関係など
社会的な背景からの分析は、学者さんにお任せするとしても、今の生活の状況で
テレビやビデオ、ゲームといった物を、悪者と決め付けて、排除すれば本離れを
どうにかできるといった、短絡的なものではないように思います。
子供達にしてみれば、身近に、楽しい物や、興味を引くものがあれば、先ずそれに
手を伸ばすのは、大人が買い物や駅までの道に近道を選ぶのと同じ位、自然な行動
なわけです.ただ大人は、それが最短な道であっても、その道の危険を感じて避け
たり、遠回りでも、楽しい道や変わった道のあることを知っているだけに、電子ブック
等の登場など、時代の変化を感じつつも、最短コースで面白い、楽しいものへ、すご
い行動力で突き進む子供に不安を感じてしまうものです。

さて、こと読書ということについてですが、なぜ読書が良いことなんでしょう?
子供に「何で本読まなあかんのん?」と問われてどう答えましょうか、「人生には短絡
的な楽しみ以外にも楽しいものがある」少々子供には難解です、「人格形成に良い」、
「漢字が覚えられる」それはあくまで結果ですよね、すべて本当のことなんですけど
言葉にしてしまうとちょっと違うものになってしまうことってよくありませんか、
そこで、私のお勧めは、子供を楽しい読書環境に連れて行くこと、そして先ず親が
本との関わりを楽しむことです.意外と親が本を読まずに、子供に「たまには学校の
図書室で本でも借りてきたら」などという言葉で子供を刺激してしまいます
課題図書というような帯がついている本や小説の類だけが良い本と決めてしまうと
読書はとても苦痛になります.私は手軽で安上がりのレジャー感覚で、荒本にある
府立の中央図書館を利用しています。
図書館の1階には、子供資料室があって幼児向けの絵本から、幅広く子供向けの
本が並んでいます、ここで私が子供のためではなく自分がもう一度子供をやりなお
すつもりで楽しんでいます.テレビの番組で「週間こどもニュース」という番組があるの
をご存知でしょうか、時事問題などを非常にわかりやすく説明してくれるので、子供
には内緒ですが、私のほうが助かっています.それと同じで本もよく見るとわかりやすく
丁寧に解説してくれている本がたくさんあります。また外国の子供向けの絵本なんか
は非常に絵や色合いが美しく、文章がわからなくても見ているだけで、楽しい気分に
なります、ほかにも図鑑、地図、料理の本などいろいろあって子供のための本て、
実はこんなにたくさんあるのかとあらためて、感心するくらいありますので
ともかく、自分が先ず楽しむこと、子供によって物語りの好きな子、図鑑や地図の
好きな子、皆違うので「良い読み物の本を読んでくれたら…」と私もついつい親の
立場になりそうになるのを押えながら、二人の子供を本の海の中で自由にさせて
います。うちの子は本嫌いと決め付ける前に一度是非休日の遊び場として皆さんで
足を運んでみてはいかがでしょうか、きっと何かその子にとって興味のあるジャンル
の本があるはずだと思います。


府立中央図書館の案内

・場所
東大阪市荒本北57-3

地下鉄中央線 荒本駅徒歩5分

小若江近辺から、電車のアクセスが悪いのが少々つらいところです、
但し、駐車場は地下に有料ですが充分にありますので車のほうが
利用しやすいかもしれません。

・開いている時間

平日は7時まで、土日は5時までですが、こども資料室は平日も5時
までです。
休日は基本的に月曜日ですが、祝日の場合は次ぎの日になるようです
また、日曜日でも、臨時の休館があるので注意が必要です。

・本を借りる

他の図書館では、貸出し期間が2週間のところが多いですが、ここでは
3週間、ひとり8冊まで借りることが可能ですので、せわしなくないの
も良いところです。(さらに電話で延長もできます)
つまり、つきに一度くらいのサイクルで利用するパターンがつくりやす
く、事実雨降りや給料日前に、手ごろな遊び場として利用している人が
多いようで、駐車場もよく詰まっています。

・その他
ビデオやCDの視聴やレンタルもできますし、雑誌のブラウジングコーナー
等もありますので、中高生の生徒さんのご家庭などでは、家族で行って
別々で楽しむというのもいいかもしれません。

・塾長のお勧めの一部

五味太郎さんの絵本と図鑑をミックスした感じの「ことばずかん」という
シリーズは絵と表現の楽しさで、ことばの意味をこんなふうに伝える
方法もあるのかと思いました、とても楽しい本です。

先ほど、外国の絵本のことに触れましたが、日本の絵本も見ているだけで
楽しい本がたくさんあります.新聞や雑誌を見ていると殺伐とした世相を
垣間見るようで思い気分になりますが、大人のリフレッシュ剤になるかも
しれません。

図書館では、貴重な本などは、閉架式で奥に仕舞ってありますので、リスト
で探してどんどん出してもらいましょう。


塾長 出雲 勝一

ページトップへ

次のページ→ プレス-9904LinkIcon