HOME > 子供のための住まいづくり > 塾長がつくった子ども部屋 -3

市川の住まい

この住まいは、千葉県の市川市で計画された子ども部屋です。
スタディゾーンと就寝ゾーンを分けて、学習机も可動タイプで
自分の居心地のよいポジションでできるようにしました。
家族共有するファミリーライブラリーと一体化して
みんなが楽しみながら学べる空間をつくりました。

ここがポイント

  • 就寝ゾーンでは2段ベッドを間仕切りとして利用しています
  • 子どもの独立後はこの間仕切りベッドを撤去すると夫婦の趣味の空間に変身させることができます。
  • 学習する位置が季節や時間により選べるので楽しい

私の住まいの変遷は「ソファを捨てれば子どもが伸びる!」6章 やってみよう住まいづくり P170、P193で詳しく紹介しています。

子ども部屋実例プラン-i.jpg市川の子ども部屋の間取り
市川の子ども部屋 (1).jpg開放的な空間に可動学習机を配置
市川の子ども部屋 (2).jpg本棚も可動です
市川の子ども部屋 (5).jpg学習机の下部には本やノートの収納スペースがあります
市川の子ども部屋 (6).jpg机と本棚をこんな感じで組み合わせ
市川の子ども部屋 (7).jpgもう一組は赤をアクセントに
市川の子ども部屋.jpg椅子も楽しいシルエットのデザイン
市川の子ども部屋 (3).jpg隣にはゆったり広さのファミリーライブラリー
市川の子ども部屋 (8).jpg本やコレクションを収納するライブラリー
市川の間仕切りベッド.jpg就寝ゾーンの間仕切りベッド
市川の間仕切りベッド (1).jpg引き出しや収納を組みこみ
市川の子ども部屋 (4).jpg反対側は梯子で上段のベッドに
市川の間仕切りベッド (2).jpg完全に仕切らず曲線の開口を設けました。

難波の住まい

この住まいは姉妹が共有する子ども部屋として計画されました
比較的コンパクトなスペースの中、立体収納ベッドをオーダー家具で製作し
空間を有効活用し中央にはコミュニケーションテーブルも設けています。

ここがポイント

  • 同姓なのでデスクなどを共有し広々サイズを実現
  • 立体ベッドを遣い収納もたくさん確保
  • カラフルなアクセントで楽しい空間に

Hさんの住まいは、「ソファを捨てれば子どもが伸びる!」6章やってみよう住まいづくり、P171、P192 で詳しく紹介しています。


子ども部屋実例プラン-n.jpg難波の子ども部屋の間取り
難波の子ども部屋.jpg共用のロングサイズ学習机
難波の子ども部屋 (1).jpg既製品のワゴンとオーダーカウンターの組み合わせ
難波の子ども部屋 (2).jpg小さなスペースも飾り棚に有効利用
難波の子ども部屋 (3).jpg机の両サイドに立体収納ベッドを配置
難波の子ども部屋 (4).jpgオープン棚がたくさん並びます
難波の子ども部屋 (5).jpg棚の前にハンガーパイプ+照明
難波の子ども部屋 (6).jpgアクセントカラーでポップなイメージ
難波の子ども部屋 (7).jpgコミュニケーションカウンターでリラックス
難波の子ども部屋 (8).jpg本棚もしっかり確保

塾長の設計活動のホームページはこちらから
Doticon_grn_Down.png
banner-black.jpg

表紙160.jpg
塾長の著書
「ソファを捨てれば子どもが伸びる!」
~家族の元気を生む空間のつくり方~

住まいの設計と
塾長の経験から生まれた
「住まいで子どもを伸ばす」
子育て家族応援の書籍です
●発行日:2011年3月15日
(全国の書店にて発売)
 ●仕 様:四六判 並製 
縦組 200ページ
 ●定 価:1,365円(税込)
 ●コード:4-586-08511-8